投稿日:

ETCを安全に利用するために

ETCは安全委使用方法を間違えなければ大変便利な通行方法ですね。しかし、ETCゲートでのトラブルは結構たくさんありますので。ETC使用方法をよく理解したうえで利用しましょう。まず、ETCカードには有効期限があります。有効期限は、親カードの期限と同じですので期限切れがないようにしなければいけません。走行に関しては開閉バーが正常に動作しない原因になりますので、乗車時はETCカードの有効期限を確認し、ETC車載器にしっかりと挿入してください。なお、降車時には盗難防止のため、必ず取り出して置くことをおススメします。また、ETC車載器へのカードの挿し込みが不充分な場合、方向が間違っている場合なども、開閉バーが開きませんから、確実に挿入しておきましょう。ETCレーンでの多くの事故の原因は次のようなものがあります。ETCレーンでは時速20km以下に減速して進入し、徐行して通過しましょうとなっていますが、これは機械の故障などでゲートが開かない場合もありますので注意しましょう。下記のような事象の発生に備えて、ETCレーンには、十分な車間距離をとって、必ず時速20km以下まで減速して進入し、徐行して通過してください。前を走る車が、ETCカードの挿入忘れなどで一時停止をする場合などもあります。入口でETCバーが開いても、出口で開かない場合があります。このようにゲートでは、いつどのようなアクシデントが起こるかわかりませんので、いつでも停車できる速度で走行することが重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です