投稿日:

インプラント治療の問題点は失敗してもやり直しできない

なお、インプラント治療は全て自費となり、保険適用の治療より高額になることを覚悟してください。

どんな問題がインプラント治療にあるかをいろいろな情報媒体から調べているでしょうが、その中に、金属を埋め込むので頭部のMRI検査ができないという説があったのではないでしょうか。

それは違います。

MRI検査とは、身体に磁気を当てて画像を作ることです。

金属があれば、そこは乱れて映ります。

ところが、インプラントの場合はチタン、あるいはチタン合金でできているので金属といっても磁気には反応せず、検査で問題になることはまずありません。

歯科医にインプラント治療をすすめられるケースとしては、失った歯だけの治療で済ませたいなどの要望があるケースです。

例えば、ブリッジで義歯を入れようとすると両隣の歯は義歯の支えになるので、一周削ることになります。

インプラント治療では、歯根部から人工的に再生するので失った歯だけを根元から再生する治療になります。

両隣の歯を削って支えにするのはもったいないという要望がある場合、他の治療法よりもインプラント治療がしっくりくると思います。
どんな歯科治療でも費用は気になりますが、インプラントの場合、他の歯科治療と比べても高額です。

ごくまれに、インプラント治療が保険適用されることもありますが、一般的なケースではなく、治療のごく一部しか保険適用にならないのが負担が大きくなる原因です。

安くできるケースで十数万円、困難な治療が含まれると費用はその数倍に及ぶことをくれぐれも忘れないでください。

どこの歯科医院でも、インプラントが適用されるのは、インプラント以外の治療はできないという患者さんに最適な治療方法になります。

周りの歯との関係から、クラウンやブリッジは入れられない、義歯では力が入らない、噛み合わせが良くないなどの理由でインプラント治療を選択するという事情を、ほとんどの患者さんが抱えています。

インプラントは人工歯根をあごの骨に埋め込んでいるので、噛み心地は自分の歯に近くきちんと噛んで食べる感じがあり、食べることが楽しくなります。

失った歯を再生する治療は何種類もありますが、インプラント治療の問題点は失敗してもやり直しできないことが多い点です。

自分の歯にかぶせるクラウンやブリッジと異なり人工歯根とあごの骨は、周辺組織で完全に結びつかなくてはならないので万一、人工物のインプラントと自分の骨が周辺組織によってなじむことなく骨とインプラントがしっかり結びつかなければ、普通は再手術しか手段はなく、いったん削ったところをさらに深く掘ることになるのです。

それに、埋入手術の際には周辺の神経を傷つけるリスクが常にあります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です