投稿日:

腰痛が排尿障害やインポテンツ

長時間同じ姿勢で座っていると腰痛になりやすいため、運転手さんやデスクワークをしている人は腰痛対策が必要です。同じ姿勢でいることで、腰周りの筋肉に負担がかかり、腰痛を引き起こしてしまいます。椅子に座れば腰痛が楽になると思われがちですが、逆に、背中が丸まってしまうことなどから、立っているときよりも腰への負担は大きくなります。どんなに意識して姿勢を良くしようとしていても、座っている椅子の高さ・形・素材などにより、知らず知らずのうちに姿勢が崩れて、腰痛を引き起こしてしまうことも少なくありません。腰痛用の椅子は、座っている時でも、直立に近い姿勢を保つことで、腰への負担を減らすことが可能になります。また、座っている状態から立ち上がる時にも、腰を曲げる必要がない構造になっている為、腰への負担を軽減できるのも、大きな特徴の一つです。腰痛用の椅子には、低反発素材を使用したもの、マッサージ機能が備わっているもの、骨盤のゆがみを矯正してくれるものなど、たくさんの種類があります。腰痛用の椅子を選ぶポイントとしては、椎間板にかかる圧力や背中の筋肉への負担を軽減するために、背もたれが後ろに傾くタイプのもの、腰の部分が曲線になっていて、腰回りをサポートしてくれるもの、座面の素材が柔らかすぎないもの、長時間同じ姿勢にならないように、座幅の広いものを選ぶと良いでしょう。また、高さの調節ができる肘掛があると便利です。腰痛用の椅子の中で、ダントツの人気を誇るのが、座椅子タイプになります。腰痛用座いすは、角度調節ができるものが多く、自分に最適な角度を見つけることが可能です。自分に合った角度に調節することで、椅子と体に隙間がなくなり、腰痛が楽になるでしょうつらい腰痛を和らげるグッズとしておすすめなのは、腰痛用のコルセットやベルトなどです。コルセットやベルトは、腰痛を治してくれるものではなく、痛みを和らげてくれるサポート的な役割で使用します。腰痛のときに、体を支える筋肉に働きかけ、痛みの出る姿勢をとらないように補助してくれるのです。コルセットやベルトを使用しているだけで、何もしていない状態よりは確実に腰痛が楽になるでしょう。コルセットは、使用すると腰をしっかり固定してくれる道具で、痛みを和らげてくれます。医療用となっており、比較的痛みが強い場合に使用することが多いです。ただ、圧迫する力が強いので、ある程度痛みが治まったら、コルセットの使用は控えてください。整形外科などを受診すると、手に入れることができます。